結婚情報ナビ♪
 ちょこっとてづくり結婚式のてづくりを応援!から こだわりの演出心に残る演出をプロデュース!、 結婚式の常識結婚式の常識や 先輩花嫁のお役立ち裏話先輩花嫁のお役立ち裏話!まで・・・

 結婚準備ナビ♪
結婚情報ナビ♪
トップページへ♪

こだわりの☆ベールを作ってみましょう。


手作りウェディングアイテムのススメ以下はぶきっちょさん・手芸初心者さん向けの目安です。参考にしてください。


手作りウェディングアイテムの材料と、予算材料と予算

チュール:手芸屋さんで手に入ります。1m500円程度。好みの長さで。

コーム:100円ショップなどでもあります。シルバーや黒。色はお好みで。

レース:シンプルにするなら、必要なし。好きなレースで飾りつけします。

手作りウェディングアイテムの難易度を示しています難易度 とても簡単
レースをつける場合は、ミシンがあると便利。
(なくても作れます)
手作りウェディングアイテムの作業時間の目安です作業時間 2、3時間で作れます。
レースをつける場合は、レースの種類や大きさによって異なります。
手作りアイテムの利点をご説明手作りの利点

ベールはドレスショップでレンタルすると、意外と高いもの。
そして・・・なかなか希望のベールに出会えないもの。
じゃあつくっちゃおう!という気軽さでトライできます。

好きなカラーのチュールを買って、好きなレースをあしらえば
世界に1つ、希望のベールの出来上がりです★

何より、材料費が安く済むのがうれしい。
ひつような材料は、すべて手芸屋さんで手に入ります。

又、ちょっと形がいびつでも、縫い目がゆがんでても、目立ちません!
大きさもお好みで、細かいことに気にせずざくざく作ってみましょう〜★


               

ウェディングベールの作り方


手作りウェディングアイテムのススメ

ここでは、私の作った、前60cm、後ろ80cmのベールの作り方です。
作りたい長さは、実際にメジャーなどをあててみると良いと思います。

作り方 1

チュールは1,4m準備します。
単純に、前に60cm、後ろに80cmのベールが作りたいなら、
その前と後の長さを足したサイズのチュールを購入すれば、OK。
チュールの横幅は普通、180cm程度で販売されています。
一度、お店で横幅も確認してみると良いでしょう。

まずは布をカットします。
角を同じ形にカットすればいいだけですので・・・
簡単に4つ折りにいて、じょきじょきハサミを入れていってもいいと思います。

ベール作りのいい所は・・・
きちんと作らなくても、全く目立たないこと!です


作り方 2 ベールの作り方

こんな形にカットできましたか?
カットしたら、前から60cmのところで、2つに折ります。
(折れ線の部分を参照してください。)


作り方 3 2つに折ったら、今表になっている部分が裏になることを覚えていてください。
ベールの作り方

折った部分をクリップなどで止めます。
あまり強力なもので長時間止めていると、クリップのカタがついてしまうことも。
注意しましょう。

中央の50cmくらいの所を、ざくざくとなみ縫いします。
目は1cmくらい。粗い目で縫います。
同じようななみ縫いを1cm程度空けて、2つ縫います。
縫い終わったあと、2本のなみ縫いは引っ張ってちぢめますので、
縫い終わりを止めてしまわないようにしてください。


手作りウェディングアイテムのススメ
ポイント

糸を引っ張る際、細い糸だとやりにくかったり、途中で切れてしまったりします。
ここは後で見えないように隠れちゃう部分なので、
気にせず太い縫い糸を使いましょう。


作り方 4

先ほど縫った2本の糸を2つとも持って、引っ張ります。
大体5〜8cmになるまで、縮めます。

ベール、手作りレシピ

こんな形になりましたか?
大体5〜8cmになったら、縫い止まりを止めておきます。
止めた後に、バランスよくひだを直せば、綺麗になりますよ。


作り方 5

最後に、なみ縫いした部分に、コームを縫いつけます。
その際、方向だけ間違わないように。

ベールの作り方

コームはこのように取りつけてください。
歯の間を丁寧に取り付けると、着脱の際に安定して使いやすいものができます。
なるべく丁寧に、しっかりとめるようにしましょう。



手作りウェディングアイテムのススメ
完成☆
実際に挙式で使いました♪手作りベール

私はコームの部分を、白い布(サテン地のもの)で覆いました。
なので、後ろから見ると、その部分が白く見えます。
仕上がりとしてはキレイなので、お好みでどうぞ♪

あと、切りっぱなしでもシンプルでかわいいベールになるのですが、
私はシンプルな葉っぱモチーフのレースを周囲にあしらいました。
細いレースだと、縫う部分が少ないので、初心者さんにはおススメできません。
でも、少々ガタガタな縫い目も、全くきにならずに使えますよ☆

また、全体を見ながらスパンコールやビーズをチュール全体縫いつけてみても・・・
その場合、「全体はしんどい!」と思ったら、後ろ部分だけ、とか
裾のあたりだけ、とかでも可愛いと思います。

手作りウェディングアイテムのススメ
ポイント


マリアベールなら、もっと簡単!
コームをつける必要がありません。
ロングトレーン、ゴージャスなレースのマリアベールは、
レンタルするととっても、とっても高かったりします。

マリアベールならコームもいらず、
途中の縫って布を縮める作業もありません。
ただ、角をカットしたチュールに、レースを縫いつけるだけ。

「レンタル料が高いから・・」とマリアベールを諦めてる方、
是非手作りにチャレンジしては、いかがですか?

手作りウェディングアイテムのススメ
お手入れ

お手入れ方法としては、
なるべくたたまない。しまわないこと。
たたんでしまったり、片づけてしまうと、折り目やしわがついてしまいます。

もししわがついてしまった場合は、お風呂にお湯を張って吊るしておきましょう。
1晩もすれば、シワがとれて綺麗になります。
海外挙式の方などは、この方法、覚えておくと便利ですよ☆


               

結婚準備ナビ♪ copyright (C) 2008  All Rights Reserved.
     結婚情報ナビ♪はリンクフリーです 掲載内容の無断転載を禁止いたします