結婚情報ナビ♪
 ちょこっとてづくり結婚式のてづくりを応援!から こだわりの演出心に残る演出をプロデュース!、 結婚式の常識結婚式の常識や 先輩花嫁のお役立ち裏話先輩花嫁のお役立ち裏話!まで・・・

 結婚準備ナビ♪
結婚情報ナビ♪
トップページへ♪

結婚式 決める結婚式 ブーケに迷う〜 造花vs生花


少し前まで、ブーケは生花で作られるのがほとんどでした。
理由は色々あると思いますが、「花嫁の持つ花は、絶対に生花!」という固定観念もありましたし、
何より造花の質が今ほど良くなかったということが、最大の理由だと思います。

いかにも造花。遠くから見てもわかるような造花では、ちょっと嫌ですよね・・・

だけど最近の造花はすごい!本物の花と見間違う程のクオリティの高さだとか。
貴方はどちら派・・・?造花と生花、メリットとデメリットを紹介します。

ブーケは花嫁の象徴

生花のブーケ


生花のメリット】
・花本来の香りに癒される
・保存などの必要なければその後の邪魔にならない
・式場の花と、トータルでプロデュースしてもらえる

ブーケ

【生花のデメリット】
・重たい・・・花を綺麗に保つ為にオアシスなどが入っていて、実は結構重たいんです。
・当日まで仕上がりが確認できない・・・生の花のため、前日までに仕上がりを確認する事ができません。
・長時間使っていると、花が悪くなる・・・希望の花が痛みやすい場合、ブーケに使用できない事も。
・加工しないと保存できない・・・押し花・3D加工などが必要。式後なるべく早く加工してもらわなければいけません。

               

造花のブーケ


造花のメリット】
・これまでにないアレンジが可能
・季節を気にせずに花を選べる
・押し花・3D加工などせずに保存ができる
・前撮りなど、時期を空けて使う事ができる
・生花に比べてリーズナブル

【造花のデメリット】
・ゲストさんが近距離で見ると、造花である事が判ってしまう
・花本来の香りはない

               

結婚式・やること 先輩花嫁からブーケについてのアドバイス


今年結婚する友人から「ブーケはやっぱり生花だよね!?」との相談をうけました。
私が結婚式をした時は、お花屋さんと親しかったのもあって、選択肢なし、で生花ブーケだったんです。

だけど・・・
彼女には、是非造花ブーケにチャレンジしてもらいたい!!
最近ではプリザーブドフラワーを使ったブーケなんてのもあるらしいじゃないですか・・・

造花のブーケもプリザーブドフラワーブーケも、どちらも昔とは全く違って、
生花と見間違うような美しい出来なんだとか。特に前撮りする花嫁さんに人気らしいですよ☆

確かに、生花でなければ、何度でも使えますよね。
賢いやりくり上手な花嫁さんが増えているってことなんでしょうね・・・

      

ひとりごと・・・

引き出物は手提げ袋まで、挙式場で指定されることもあります。(私の場合がそうでした)
格安で記念品・引出物・引菓子・贈答品を選んでも・・・結局「持ち込み料」がかかってしまうことも。
とはいえ、おしゃれなかつお節があったり、ステキなプチギフトがあったり、見ていて楽しいものですよね。
引き菓子やプチギフト選び、楽しんでくださいね☆

結婚準備ナビ♪ copyright (C) 2008  All Rights Reserved.
     結婚情報ナビ♪はリンクフリーです 掲載内容の無断転載を禁止いたします