結婚情報ナビ♪
 ちょこっとてづくりウエディングのてづくりを応援!から こだわりの演出心に残る演出をプロデュース!、 結婚式の常識ウエディングの常識や 先輩花嫁のお役立ち裏話先輩花嫁のお役立ち裏話!まで・・・

 結婚準備ナビ♪
結婚情報ナビ♪
トップページへ♪

ウエディング・買う結婚式の衣装を探しにいこう


結婚式の会場が決まったら、いよいよ衣装選び!
衣装選びも、実は早めに行っておくべきもの
レンタルの場合は気に入ったものを早めにおさえておくのが賢明だし、
オーダーでウエディングドレスや白無垢を作ってもらう場合にも時間は必要
慌てないために、早めに衣装を選びに行こう☆

ウエディングドレス白無垢について


現在、結婚式では花嫁衣装はウエディングドレスが主流
だけど、「写真だけ」や「披露宴でのお色直し」に和装の白無垢を選ぶ人も結構多く、和装人気も再び上昇中。

ほとんどの結婚式場では、提携しているウエディングレスのレンタルショップがあります
そこからレンタルするのが一番簡単な方法
だけど、こだわりたいなら自分のイメージにぴったり合ったものをオーダーメイドしてもらったり、
自分で作ってしまうなんてのも出来るんです!

但し、気をつけたいことはウエディングドレス白無垢の「保管料」。
式場では、提携している花嫁衣装ショップ以外からの衣装の持ち込みにお金がかかることがほとんどで、
その金額は3万円〜10万円程。
持ち込み料などについては、式場に事前に確認してみましょう

海外挙式などの場合には、レンタルの衣装に別途特別料金がかかってしまう場合があります
その他、式が行われる季節に合わせて衣装を考えたりと、衣装選びはなかなか大変
時間に余裕を持って選びましょう

               

ウエディングドレスについての用語集


【入手方法】
レンタル
ズバリ貸衣裳 婚礼衣裳の調達方法としてはまだ主流
ホテル・式場の衣裳室で借りる方法と、街のレンタルドレスショップで借りる方法があり、
後者は保管料(持込料)がかかる場合があるので注意

オーダーレンタル
オーダーで作ったウエディングドレスや白無垢を、挙式後は店に返却するシステム
レンタルと違い新品かつ自分にぴったりのウエディングドレスが着られるのがメリット
料金は通常のレンタルドレスより少し高め

セルドレス
販売している既製のウェディングドレスのことで、プレタポルテとも
既製品だが多少のサイズ直しは可能。輸入品を扱う店も多く、値段もリーズナブルになったが、
レンタルのウェディングドレスと違い小物がついていないので、別途用意が必要

サイズオーダー
自分のサイズに合わせてウェディングドレスや白無垢を作るシステム
何種類かあるデザインの中から、好きなデザインを選べる

セミオーダー
サンプルドレスを基本にデザインや素材をアレンジして、製作するウェディングドレスや白無垢
プレタポルテとオートクチュールからくる造語のプレタクチュールともいう
注文〜完成までの目安は3〜4ヵ月

フルオーダー
オーダーメイドのウェディングドレスや白無垢
デザイナーと打ち合わせをし、希望に沿ったデザイン画を描いてもらい、生地選び・仮縫いを経て完成
制作期間は注文から4〜6ヵ月
料金は割高だが、すべて思い通りのオリジナルの衣装で式が挙げられるのが、魅力
思い通りのデザインを伝えるのがなかなか難しい


               

【スカートの形】

トレーン
ウェディングドレスの引き裾の意味で、後ろに長く引きずったスカートの裾の部分
長いバージンロードには長いトレーンがおすすめだが、
披露宴会場が狭い場合やガーデンなどを歩きたい花嫁には、トレーンは短めが便利
トレーンを取り外せる2WAYタイプのウェディングドレスだと、印象がガラリと変わり、1枚で2役こなせる
長ければエレガント、短ければカジュアルでキュートな印象になる

バッスルスタイル
スカートの後ろの部分にバッスルと呼ばれる腰当てを入れて膨らませたスタイル

ティアードドレス
フリルや帯状の布が段々に重なり、裾にかけて広がる形のウェディングドレス

オーバースカート
ドレスのスカート部分の上に、さらに重ねて着るスカート

【シルエット】
ウェディングドレス選びは、まずシルエットから検討すると、わかりやすいよ!

Aライン
アルファベットのAのように上部が小さく、ウエスト部分から裾にかけて直線的にスカートが広がるデザイン
ウエストに切り替えがなく縦のラインが強調されるので、背を高く見せる効果がある
体型を選ばずシンプルで洗練された印象が人気

プリンセスライン
ウエストの切り替えから裾に向かって、スカートが大きくふんわりと膨らんだスタイルのウェディングドレス
華やかで愛らしさもある。スカートの広がりはパニエで出す

マーメイドライン
ひざから裾にかけてギャザーやフレアが入ったドレスライン
ひざまでは身体に沿っていて、裾が広がった人魚の尾びれのようなスタイル
体のラインにぴったりと沿うので、着こなしはなかなか難しい(汗)が、男性はお好きな方が多いみたいです。

スレンダーライン
全体のシルエットが細く、ストレートなデザイン。別名ペンシルライン
あまり広くない会場でも映え、大人っぽい雰囲気になる

ベルライン
スカート部分にギャザーがたっぷりと入っていて、ウエストから裾にかけてつりがね型のラインを描く
プリンセスラインよりボリュームは少なめ

アンピールライン
バストラインに切り返しがあり、スカートはシンプルなライン
流れるようなシルエットで、ボディラインを気にせずに着用できるデザインが魅力

2WAY・3WAYドレス
イメージや形を2通り、3通りに変化させられるウェディングドレス
装飾を付けたり取り外したりするだけで、簡単にイメージチェンジができる
1枚のドレスで挙式と披露宴を通す場合やレストランウエディングなどで活躍する
2WAYドレストレーンを重ねてゴージャスに雰囲気チェンジ☆

アンサンブルドレス
ボレロとドレスなど、ひと揃いになっていて組み合わせて着用するウェディングドレス
冬の時期などに活用できる


       

結婚式・やること先輩花嫁からウェディングドレス選びについてのアドバイス


ウェディングドレス選び、女性はドキドキ、楽しいものですが、男性には退屈な場合も・・・

実際、レンタル衣装屋さんなどでは、女性の衣装が決まってから男性の衣装を選ぶパターンが多く、
男性の出番はずっと後にならないと出てきません

彼と一緒に行くのはいいけど、だんだん機嫌が悪くなる・・・面倒臭そうでゆっくり選べない・・・なんて時は
彼とチェックしに行く前に、事前にリサーチしておくと良いかも★
その際、実際に着てみたイメージを伝えるためにも、友人・家族などにカメラマンをお願いするといいですよ


      

ひとりごと・・・

ウエディングドレス・・・誰もが憧れるウエディングドレスはレンタルが主流。最近では格安のものが人気とか。
ベール・和装・小物・カラードレスと併せて検討すると、楽ですよ☆
激安や手作りドレス・撮影のためのみにレンタルする場合も他、オーダー(オーダーメード)で大きいサイズ
にしたり、 海外ショップのデザインをオーダーメイドしたりと・・・人それぞれ。
ウェディングドレスを購入する人も少なくないよう。ブライダル費用の重要位置をしめる買い物なだけに、
予算に併せて選んでください・・・

ドレス選びに迷ったら
「トレーン」からイメージを決めてもいいかも!?
一口にトレーンと言っても、種類は豊富、雰囲気も千差万別。
花嫁さんが一番注目されるのは、やっぱりバックスタイルではないかと私は思います。
なので・・

ロングトレーン
お花のようにたっぷりとしたトレーンのドレス。
キラキラのグリッターがたっぷり入っているので見ごたえ抜群。
長く引きずるトレーンは、やっぱり花嫁の憧れですね・・・

シンプルトレーン
こんなシンプルなトレーンも。
こちらのトレーンは取り外しが可能。
花嫁さんは、披露宴ではトレーンをはずして、2WAYを楽しんでました。

・・・と、まぁこんな感じで、まずはトレーンの印象からドレスを選んでみては?
あと、私個人的には背中のあたりのバックスタイルも気になるところ。
ドレスはバックスタイルにもこだわりを・・・★
背中が編みあげスタイルになっていたり・・・
くるみボタンが使われていたり・・・
シースルーレースが使われてたりすると・・・トキメキます☆
ふんわりしたリボンモチーフも、バックスタイルに使えば甘くなりすぎませんね〜


結婚準備ナビ♪ copyright (C) 2008  All Rights Reserved.
     結婚情報ナビ♪はリンクフリーです 掲載内容の無断転載を禁止いたします