結婚情報ナビ♪
 ちょこっとてづくりウエディングのてづくりを応援!から こだわりの演出心に残る演出をプロデュース!、 結婚式の常識ブライダルの常識や 先輩花嫁のお役立ち裏話先輩花嫁のお役立ち裏話!まで・・・

 結婚準備ナビ♪
結婚情報ナビ♪
トップページへ♪

ブライダル・やること結婚式の費用を考える


結婚は初めての共同作業、そして、初めての大きな買い物
だからじっくり考え、色々悩んでいいと思います

これまでは彼氏、彼女の関係だった二人が、ままごとでなく、本当の意味で生活を共にしていく
それにはお金の問題も関わってきます

ブライダルは大きな買い物
だからこそ、結婚式の費用に関しては、悩みや問題もあるものです。
ケチなウェディングにはしたくないけど、ムダなものにはお金をかけたくない!
最近の傾向として、「賢く、やりくり上手な結婚式」が主流だとか。
インターネットなどを利用して、上手にお金を使い、素敵な式を作る!という
賢い花嫁・花婿が増えているみたいです。


結婚式の費用 最近の動向


結婚式費用の最近の動向を調べてみると
結婚式にかかったトータル料金自体の総額は年々上がってきているそうです。

内訳としては、挙式・披露宴・披露パーティの金額に最も上昇の変化が見られ、
逆に会場費や婚約指輪などの料金にはあまり変化が見られません

               

挙式・披露宴・披露パーティの料金が年々上昇している一方で、招待客の人数も変化なし

つまり・・・招待客が増えたことにより料金がアップしているのではなく、
挙式や披露宴の内容がグレードアップしているというのが、最近の傾向のようです
中身重視!の「こだわりウエディング」が増えている証拠でしょうか・・・?

結婚式の費用の考え方


結婚式の費用総額は一般平均で200〜400万と言われています

「そんなにかかるの!?そんなに持ってないよ・・・」と心配しないで
ブライダルは出費も多いですが、返ってくるお金も多いもの。それが「ご祝儀」です。

**********************************************************************************************
ご祝儀は一般的に友人なら3万円、親類縁者は5万円、家族まとめて5万円と、ある程度相場が決まっています
ですから、招待人数でいくら位のご祝儀が見込めるかを計算することが可能なのです
**********************************************************************************************

特に両親などの援助がない場合のウェディングであれば、ご祝儀を見込んで費用を算出してみるのも良いでしょう

ちなみに・・・こんなのも、あります
ブライダルローン

               

ブライダルローンはその名の通り、ブライダル費用をローンで借りる方法。
ブライダル限定でローンを設定している銀行も多く、利用しやすいみたいです。

ブライダル・やること結婚式の費用 どこに使う?どこをおさえる??


最近の結婚の動向として、結婚式費用は年々上がっていく一方
だけど、全てにお金をかけまくったからって、素晴しいウェディングになるとは、限りません

例えばゲストの食事を安く切り詰めてしまうと、ゲストの満足度は下がってしまう可能性があります

逆に、招待状を手作りする、ブーケを友人に作ってもらうなどをして出費を切り詰めたとしても、
「手作りで感じがいいね」「友人がブーケを作ってくれるなんて、羨ましいね」といわれることはあっても
マイナスのイメージになることはまずないでしょう

私が結婚式で実際にかかった費用・もらった費用を算出してみました→「
実録☆私の結婚式費用

結婚式の費用、どこに使って、どこを切り詰めるかは、その人のこだわり次第、腕の見せ所!
是非「やりくり上手」な花嫁さんを目指してください☆


            

ひとりごと・・・

昨今、ハワイなどの海外挙式やホテルや教会での挙式が減っているとか。
理由は勿論、ウエディング費用。ただし、一概に海外ウエディング費用が多くかかってしまうとは、
限らないもの。又、多人数呼べばそれだけ出費はかさむけど、ご祝儀などで返ってくるお金も。
ウェディングドレスや式場料金・挙式料・結婚資金・挙式費用など・・・
真剣に考え、慎重に選ぶカップルが増えています。とてもいいことだと、思うのです。 

結婚準備ナビ♪ copyright (C) 2008  All Rights Reserved.
     結婚情報ナビ♪はリンクフリーです 掲載内容の無断転載を禁止いたします